プレ花嫁Blog♡MyーWeddingdress決定!

ウエディングドレス、決定しました♡

 

今年の7月に沖縄で結婚式を挙げる予定の、自身もプレ花嫁であるドレスアドバイザーの亜由美です。

 

以前より、私のウエディングドレス選びの記事を、こちらのウエディングブログで書いていたのですが、本日はウエディングドレスが決まったことをご報告します♡

 

過去のドレス試着レポートはこちら。
1件目はCOUTURE NAOCOさん。
2件目はMiss TREATさん、
3件目はCli’Omariagさん、
4件目は[Beacon Dress]さん
5件目はDressmore]さんです。
(過去の記事はショップ名をクリックするとご覧になれます♡)

 

と言いましても、実は決定したのは結構前のことでして・・・。こちらに記事として書くのがとても遅くなりました。

 

ウエディングドレスなのですが、結論からお伝えすると、

 

フルオーダーで1から作っていただくことになりました♡

 

ayumiwedding

 

これには色々ワケがあるんですけどね。

 

ドレス選びは全部で5つのドレスショップへ伺い、合計14着?15着ほど試着致しました。

 

ここで改めて私のウエディングドレスの好みをお伝えすると、
・シンプル ・レース ・キラキラ ととても明確なのです。

だから試着もこの好みに絞って、そこに骨格的に似合うものを取入れて、好きと似合うが叶うウエディングドレスを探していました。

 

その試着の中で、ほぼコレかな~と思うドレスがあり、一旦申し込んでいたのです。

 

が、

 

色々なご縁と、色々な思惑と(笑)、色々な想いがあり、以前勤めていたウエディングドレス会社で、ウエディングドレスを1から作っていただけることになったんです♡

本当に有り難い。なんと贅沢な♡

 

そして、そのウエディングドレスのデザインなのですが、1から作るというよりは、私の遠い遠い昔の記憶にある、あの頃憧れたウエディングドレス。
それを形にしていただくことにしました。

 

デザインをまとめてお伝えすると、

シンプルなシルクのAラインでアメリカンスリーブ。
ネックとバックにパールをあしらい、シンプルエレガントな1着。

こんな感じです♡

 

ウエディングドレスをフルオーダー

 

この度、ウエディングドレスのフルオーダーをお願いするのは『銀座クチュールナオコ』さんです。
クチュールナオコさんのHPは⇒こちら

 

先ずは、シルク生地から選んでいきます。

 

ウエディングドレス試着

 

こんな感じで、一言でシルクといっても色々な仕立てがあるんですよ。
シルクというのは繊維、素材のことで、そのシルクから仕立てられた生地見本を見比べているところです。

 

ウエディングドレスのパターン画を見て、イメージするウエディングドレスに近しいデザインのドレス画像も見て、生地1枚1枚を細かくチェック!

 

実は、この生地選び、ドレスを作る上でとっても重要なんですよ。

 

イメージしてみてください。

 

ayumiwedding

 

サテンのビスチェのプリンセスラインのドレス。
チュールのビスチェのプリンセスラインのドレス。
どちらも同じデザインのドレスだとします。

 

でもどうですか?
サテンとチュールとでは、全く同じウエディングドレスの形でも、全然違う雰囲気のドレスになると思いませんか?

 

このように、素材のイメージでドレスイメージが決まるといっても過言ではないくらい、素材選びはウエディングドレス作りにとってとっても重要なんです。

 

ドレスショップのスタッフさんと一緒になって、『このシルクはこうだ』とか『このシルクだとこんな感じかな』とか話しながら、私のイメージする憧れのウエディングドレスに一番近い物を選びました。

 

そして、このシルクがイメージに一番近いかも、とある程度決まったところで、今度は、イメージするウエディングドレスに近しいデザインのウエディングドレスを試着して、そのドレスに決まったサンプル生地を当て、更にイメージを固めていきます。

 

ウエディングドレス試着

 

先ずはサテン地ドレス。

化学繊維で出来たサテンの光沢感と、天然繊維のシルクの光沢感は、結構近しいものがあるんですよ。

だから、光沢感、ツヤ感は何となくイメージが出来ます。

 

で、サンプル生地をあてて見たところ、アメリカンスリーブと言うこともあり、お顔の近くから生地のツヤ感が出てくるのですが、このツヤ感がイマイチかも、似合わない、とここでピンときました。

(よかった~。リアルにアメリカンスリーブのデザインを意識して当ててみて。)

 

ということで、ここで、シルクを裏返して、裏地でもう一度当ててみました。

 

するとどうでしょう。

 

もう、ベストマッチ。ピッタリ。イメージ通り♡

 

シルクのしなやかさや柔らかさは残しつつ、高級感が出るツヤ感をあえてなくすことで、マットに、いい感じで少しラフなイメージになりました。

骨格ウェーブさんは、高級感感じるツヤ感はあまり得意ではない。それを身をもって体感したって事ですね。

 

ウエディングドレス試着

 

次に、ソフトチュールのウエディングドレスにサンプルシルクを当ててみました。

 

こちらでは、ツヤ感と言うよりは、ソフト感、柔らかい雰囲気の確認って感じですね。

骨格ウェーブさん、やっぱりソフト、似合いますね。この感じも悪くない。

 

これで仕立てる生地は決まりました!

 

あとはパターン画通りに仕立ててもらうだけ。

 

でも、実際、不安もあります。

 

だって、私の記憶は約20年位前の記憶。
そして何より、試着したことがない!

 

これ恐いですよね~。試着したことのないウエディングドレスをオーダーするんですよ~。恐すぎです。

 

でも、大丈夫。イメージはしっかり出来たし。

 

あと、アメリカンスリーブは大好きなスリーブデザインで、夏のお洋服でも着ていたことがあるので、自分がアメリカンスリーブを着ているイメージも出来ます。

 

あとは、それが、全身真っ白いシルクで仕上がってきて、何にもデザインのない、どシンプルなAラインドレスだということ。

 

今まで仕事も含めると、数え切れない数のウエディングドレスを着てきたので、最後は自分の想像力、イメージに任せるしかないですね!

 

ということで、

 

こんな風にドレスを決めてから、実はもう4ヶ月が経ち、先日、ウエディングドレスが出来上がってきたとのご連絡をいただきました~♡

 

とうとう出来上がってきましたよ~。私の運命のウエディングドレス♡

 

近日中に仕上がりチェックにいってきます。

 

ドレスチェックが出来たら、次はようやくアクセサリー、ブーケ、ヘアスタイルイメージを本格的に決めていけます。

 

ドレスをイメージしながら、アクセサリーやブーケ、ヘアスタイルも併せてイメージはしていたのですが、やはり一度も試着したことのないウエディングドレスでイメージするのは確信がもてなくて。

これでやっとコーディネートイメージが決まっていく~。本当に嬉しい。ようやく次に進める。

 

仕上がったドレスについては、結婚式当日までは公開を控えようかなと思ってます。
が、気持ちが変ったら、BlogやInstagramで公開しますね♡

 

今日は、世界に一着だけの、私のウエディングドレスについてのお話でした♡

 

似合うドレスが知りたい花嫁様や、プロに結婚式まで色々相談したい花嫁様はウエディングレッスンをクリック。
花嫁様の『似合う』が全部分かります♡

 

 

ウエディングドレス

関連記事一覧

  1. wedding
  2. ウエディングドレス試着
  3. Propose
  4. maricuru
  5. weddingdress
  6. Wedding
PAGE TOP
Secured By miniOrange