ブライダルインナーの選び方③

ウエディングドレスに合うブライダルインナー

先日から、ブライダルインナーについて書いていますが、今日が最後になります。 ドレス選びを始めた花嫁様なら誰しもが気になり、どんなものを選べばいいのか分からないと感じるのがブライダルインナー。 こちらでは、そんな花嫁様の気になるブライダルインナーの選び方について色々解説しています。 解説はあくまでも、私の経験と知識からなので全ての方がこちらに当てはまる、と言うわけではないかも知れませんが、少しでも花嫁様のご参考になれば嬉しいです♡ 前々回記事はこちらをクリック⇒♡♡♡ 花嫁の疑問

ブライダルインナーの選び方2つのポイント

2,ドレスとの相性 (1,自分との相性は記事はこちら⇒♡♡♡) ドレス姿を綺麗に見せるためには、自分の選んだウエディングドレスやカラードレスとインナーとの相性がとっても重要なんです。 だから、以前、インナーの購入時期のお話もしましたが、ウエディングドレスが決まる前に、先にブライダルインナーを決めてしまうのはあまりお勧めしません。 何故なら、決めたドレスのと相性がいいとは限らないから。 ちゃんとウエディングドレスが決まってから、そのドレスにインナーが合うかどうか、できればインナーを着けてドレスを着てみられることをお勧めします。 まず、皆さんが一番気になれるのが、ドレスからインナーが見えるかどうかです。 これは重要ですよね。 卒花さんの失敗談でも度々あるのがこのインナーが見えていた問題です。 試着の時見えていなくて大丈夫だと思っても、結婚式当日は長時間ドレスを着ているので、その間にドレスが下がってきて、結果インナーが見えていた。失敗談の原因はいつもコレです。 だから、ドレス試着の時は、ドレスを着たまま立ったりしゃがんだり座ったりと、色々身体を動かしてみてください。ポイントはドレスが下がったときに見える点なので、ドレスを着たまま数回ジャンプしてみてもいいですね。 身体を動かしてもインナーが見えてこなければある程度はOKです。 そして、このインナーが見えるという点ですが、多くの方が背中ラインを気になれるのですが、見えるのはここだけではありません。 他にも見えやすいのが前のデコルテ部分ですね。特にビスチェラインのドレス。この場合はバストラインからインナーがチラッと見えていた、なんてお話も多いのです。 そして、盲点なのが脇周辺です。脇の下やその前後も意外とインナーが見えていることがあるんですよ。 最近のドレスはお肌を見せるデザインがトレンド傾向にあります。 デコルテラインが広く空いている、胸元が深く開いている、背中が広く開いている、レースでお肌が透けて見える等々。 とにかく肌見せが多い、そして人気。 だからこそ、インナーが見えやすくなっているというようにも言えます。 ドレスとの相性がいいとインナーも見えないということですね♡ また、ウエディングドレスの素材によってはとっても薄手のものがあります。 生地が薄手だと、インナーに着いているレースやボーンの凹凸感がドレスに響く場合もありますので、選んだドレスの、特に身頃部分の生地が薄手の方は注意してみましょう。 あとは、インナーでしっかりとお胸を上げてバストトップをキープする。そしてウエストラインを引き締める。 そうして作ったボディラインにドレスがキレイに合うかどうか。 ちゃんと試着をして確認してみてくださいね。 インナーのボトムはフレアパンツやガードルがありますが、今はガードルが人気がありますね。 こちらはウエディングドレスラインに合せて選べばいいと思いますよ。 マーメイドラインやスレンダーラインのように、細身のウエディングドレスには絶対ガードルがお勧めですね。 でもプリンセスラインやAラインだとフレアパンツでもOKです。 いかがですか? ドレスとインナーとの相性、わかりましたか? 是非、ご自身のブライダルインナー選びのご参考にしてみてくださいね♡ 結婚式

関連記事一覧

  1. 骨格診断
  2. Hawaiiwedding
  3. ayumiwedding
  4. 花嫁の疑問
  5. 骨格診断
  6. 和装前撮り
PAGE TOP