ドレスの基礎知識

ドレス選びの基礎知識

ウエディングドレスの基礎知識を知ってドレス選びで失敗しない

初めてのウエディングドレス。初めてのドレス選び。初めて尽くしの花嫁さまには分からないことがたくさん。
何が分からないのかも分からない、なんてこともあくあること。
そんな初めてのドレス選びを、少しでも安心してスタートできるように
『ドレス選びの基礎知識』お教えしますね。
知らなくても大丈夫。でも、知っているとドレス選びがもっと楽しくなりますよ。

《目次》(項目をクリック)

  1. 販売ドレスとレンタルドレス

  2. オーダーセルドレス

  3. ドレスサイズのこと

 

1.販売ドレスとレンタルドレス

ウエディングドレスは大きく分けると販売ドレスとレンタルドレスの2種類が存在します。
♡販売ドレスとは、ドレスショップにあるドレスを購入することです。既製サイズでオーダーすることもあれば、自分のサイズに合わせてオーダーできることもあります。魅力としては、身幅や丈感など自分のサイズに合ったものが着られる。新品が着られる。軽くて繊細な素材のものが多い。自分だけのものという特別感。等があります。
♡レンタルドレスとは、ドレスショップにあるドレスをレンタルすることです。デザインと既製のサイズからセレクトします。魅力としては、圧倒的なデザイン点数。豪華なデザインや重厚感のあるものが豊富。フリーサイズ品がある。等があります。

dress display

 

2.オーダーセルドレス

セルドレスとは販売ドレスのことです。既製品の販売ドレスをまとめてセルドレスとも呼びます。
ドレスを購入するとき、大きくはこちらの3つのサイズオーダーに分かれます。
♡既製品をそのままの既製サイズでオーダー、または既製品をそのまま購入するセルドレス。
♡サンプル品を自分のサイズに合せてサイズオーダーするプレタクチュール。セミオーダーともいいます。この場合はデザインや生地はサンプル品と同じものであることが多い。
♡デザインや生地を一から選んで作るオーダーメイドドレス。フルオーダーともいいます。

 

ウエディングドレス

 

3.ドレスサイズのこと

ウエディングドレス姿をキレイに仕上げるために絶対に必要なこと。それがサイズを合せるということ。ドレスはボディラインにフィットするように立体的縫製になっているので、ドレスのバイス位置、ウエスト位置をボディラインに合せることでよりキレイなドレス姿に仕上がります。そして、ドレスはデザインされた国によってサイズ表記が異なるので注意が必要です。
またドレス丈ですが、こちらはウエディングシューズを履いたときに地面から1~2cm浮くくらいがベスト丈です。ドレス裾のデザインまで綺麗に見えて、花嫁さまが歩きやすい丈だからです。ですが最近では、ウエディングドレスをお洒落に着こなすという意味で、丈を長めにとり裾を持ち上げたり、引きずるようにして歩く花嫁さまも増えています。ドレスのデザインに合わせて決めるのもいいですね。

ウエディングドレスの基礎知識

PAGE TOP