花嫁様はみんな自分に似合わないものを知ると嬉しくなる

似合わないものを教える

私のウエディングレッスンにお越しくださる花嫁様は、『自分に似合うものが知りたい』『似合うウエディングドレスが知りたい』みなさん同じ思いです。

似合うウエディングドレスが知りたいから、大切なお金と時間と労力を使って私のレッスンを受けに来てくださるのです。

 

だから私もその想いに答えます。

しっかり花嫁様に似合うものをアドバイスします。

 

そして、それと同時にしっかりと似合わないものも伝えます。

似合うものだけじゃなく、似合わないものもちゃんと伝える。これが大切だと思っています。

 

花嫁様はドレス試着の時、ショップ定員さんに『それ似合っていません』なんて言ってもらえますか?
まずショップ定員さんは似合わないなんてはっきり言ってくださらないと思います。

だから花嫁様は迷うんですよね。

ショップ定員さんは、『どれも可愛いですよ』『お似合いですよ』っていってくださる。
でも、どれも可愛いって言われれば言われるほど不安になるし、知りたくなる。

『今日着たドレスの中でどれが自分に似合っていたの?』

 

彼やお母様は似合ってなかったと言ってくださると思います。

でもそうじゃないんですよね。
花嫁様は【プロ】から似合うものを教えて欲しいのです。

 

だから私はきちんとお応えします。

コレが似合うよ。コレは似合わないよ。

 

似合わないものを知るって楽しい

普通、似合わないって言われたら、あまり気分はよくないですよね?嬉しいものじゃないですよね?

でも、私のウエディングレッスンでは、花嫁様はみなさん似合ってないって伝えると、始めはえ?!なんて驚かれますが、その似合わない理由を知って、似合ってないものが分かったことにとっても喜ばれるんです。そしてとっても楽しまれるんです。

これって、いつ見てても楽しくて面白い。

 

花嫁様に、似合ってないってお伝えして喜んでもらえる、楽しんでもらえる。

ウエディングレッスンってそんなレッスンなんです。

 

何で、似合ってないって言われて嬉しくて、楽しいのか。

それはちゃんと花嫁様と向き合っているから。

ちゃんと好きと似合うが叶うウエディングドレスに出会って欲しいから。

ちゃんと自分を素敵に見せてくれるウエディングドレスに出会って欲しいから。

 

単純に、それ似合わないよってお伝えするだけじゃなく、何故似合わないのかをお伝えします。
分かり易く、ご自身でも納得できて、理解できて、腑に落ちるように。

それが分かると花嫁様は、みんな喜ばれて、自分のドレス試着写真を楽しそうに見られます。

 

好きなものを否定するわけではありません。

もし、好きなものが似合わないものだったとしたら、似合うように着こなす方法をアドバイスするだけ。

 

好きも似合うも諦めません。

花嫁様の好きと、あなたに似合うが叶う。

そんなウエディングドレスに出会える方法を知る、それが私がお伝えするウエディングレッスンです♡

 

weddingdress(画像はお借りしました)

関連記事一覧

  1. ドレス診断
  2. 結婚式
  3. 結婚式
  4. ドレス試着
  5. 結婚式
  6. maricuru
PAGE TOP